衣・食・獣・聴・観・輪

衣:FASHION  食:GOURMET  獣:DOG  聴:ROCK  観:MOVIE  輪:BIKE、CAR  

美杉村 WOOD JOB!記念館

お盆の期間、美杉村の道の駅美杉の隣に「WOOD JOB!記念館」http://kamusari.com/index.htmlがOPENしてるとの事なので天気がいまいちな連休の晴れ間を選んで行ってきた。


三浦しをんさんの小説「神去なぁなぁ日常」がほんわか面白い作品でお気に入り。
今年映画化されて長澤まさみちゃんも出てるし凄く期待して観た所、期待を上回るほどの面白さ!
ほんでそのロケ地が奈良と三重の県境の三重側やったんです。
上映に合わせて6月、7月、8月とロケ地ツアーを募集してたので全部の月に応募したけど見事に全て落選。

これ、映画のクライマックスのお祭りのシーンに出てくる御神木。
まぁあれですわ、神社とかで祀られるこの手の形と言えばねぇ・・・
はい、男性のシンボルです。ヤバい!デカい!(笑)
実は張りぼてやけど超リアル。GOOD JOB!
P8133758.jpg

丸太切りのイベントやってたのでいっちょやったるねいな。
この太さでなんと30年物。後の御神木がもし本物やったら樹齢何年なんやろ?
ヒノキやねんけど切り落とすのに15分くらいかかったわ。切り口はヒノキのエエ香り。
しかし、ヤバい!単車のハンドル握られへんくなるんちゃうかと思ったけど、日ごろの筋トレのお蔭で大丈夫でした。
P8133770.jpg

ヘルメットには劇中に出てくる中村林業のマーク。サイドには監督とご神木製作者のサイン入り。
俺のポーズは映画観た人なら解るハズ。
ワイルドな伊藤英明のマネです。
タオルも映画観た人には解るやつです。
P8133760.jpg

道の駅でお昼食べて退散。
アマゴ?なんか縞模様のある川魚の唐揚げ。
美味しかった。
P8133778.jpg

記念館で来場者対応されてる方々がとても親切でサービス精神旺盛!
帰りは「愛羅武勇」タオルを掲げて見送ってくれました。GOOD JOB!
マップもろたし、バイクでロケ地めぐりしたかってんけど15時ごろから雨の予報。
山の天候は変わりやすいから、ヤバい!。
とりあえず今日は記念館だけ見て帰宅の途につきました。
ロケ地めぐりは涼しくなった頃リベンジ。
なぁなぁで行きましょ。

  1. 2014/08/13(水) 17:45:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

SKINDRED

4.17、アメ村のBIGCATでSKINDREDのライヴを見てきた。
20140417_183611.jpg
(木)平日やったけど仕事はなんとか定時ダッシュでスーツ参戦。
心斎橋で奥さんと落ち合ってマクドで腹ごしらえ。
もう、開場してたけどOAが一組あったので開演までBIGSTEPの3Fにあるピンボールで遊んで時間調整。
20140417_183929.jpg
20140417_183955.jpg
10分前ぐらいに入ったけど結構前方の右隅。モッシュは避けれそうな場所に行けた。
カッターシャツにスラックス。そしてこの周囲では最年長確定。明らか浮いてる俺。
SKINDRED.jpg

・AIRSWELL(OA)
ラウド?ミクスチャー?なJ-ROCK3人組。
なかなか良かったよ。ギターボーカル君はワイルド系で会場をイイ具合に暖めてたし、ちょっとおしゃれなベース君の動きも良いし。

・SiM
今回SKINDREDのジャパンツアーをサポートするのがSiM。
レゲエテイストを取り入れたミクスチャーラウドパンク。

SiMはサマソニや京都大作戦で何度かライヴを見たんやけど、毎回今一番勢いがあるバンドやなぁって思う。
モッシュとかサークルピット、ウォールオブデスがえげつなくて後ろの方からしか見た事が無かってんけど今回は間近で見れたので、VoのMAH君の細ーい眉毛とか奇抜な前髪がバッチリ見れた(笑)
あと、GtとBaの二人がギターを餅つきみたいにブンブン振り下ろすパフォーマンスも目の前で見れて迫力あったわ。
1.KiLLiNG ME
2.WHO'S NEXT
3.Murderer
4.Blah Blah Blah
5.Amy
6.JACK.B
7.Same Sky
8.Get up,Get up
9.f.a.i.t.h

SKINDREDを迎え撃つべくベスト盤的なセットリスト。
大盛り上がりで、俺もスーツ参戦ってこと忘れて体動かしてた。
SKINDREDがアウェイになるんちゃうかってちょっと心配になる。

転換SE
・ガンズ
・?おねいちゃんバンド
・パンテラ
・スリップノット
・ボーイズ ア バック イン タイム
・アイ オー レッツ ゴー
SEはバンド名と曲名が混じってます。客層が若くて、ガンズやパンテラに反応が無かったのに驚き。スリッペが流れるとざわざわってなって反応してた。時代を感じるわ。ちなみに若い子はまるでお揃いのようにフェスTにディッキーズのミデアムパンツ。

暗転
・AC/DC
AC/DCの解散が噂された次の日やったのでなんかタイムリーやなぁと思った。
・ダースベイダーのテーマソングでSKINDREDメンバー登場。

・SKINDRED
イギリスのレゲエ+ラウドロックのミクスチャーバンド。
KORNのレゲエ版みたいな感じ。
黒人ヴォーカルのベンジーが見た目的にもインパクト大!KORNのジョナサンの黒人版。
楽器隊もZZ-TOPばりの髭ギターとか、なかなか個性派ぞろい。ほんで、演奏の安定感はピカイチやった。つまり文句なしに上手い。

ベンジーは、コミカルな動きと、笑いを誘うような会場の煽り方ですごいエンターティナーぶりを見せつける。
歌もラップも上手やった。
アウェイを心配してたけど全くの取り越し苦労。大盛り上がり。たぶんSiMが目当てで来ててSKINDREDを全然知らんかった人が居てたとしても十分に楽しめる内容のステージやったと思う。
なんせベンジーは盛り上げ方が巧いんだわ。
セットリストはうろ覚えで順番も、むちゃくちゃやけど事前に予想して聴き込んでたのがそのまま出た感じで、テストに山を張ったのが完璧に当たった的な喜び。
やってない曲もあったかも?でもほぼこんな感じ。

0. Star Wars Imperial March
1. Rat Race
2. Stand for Something
3. Doom Riff
4. Ninja
5. Cut Dem
6. Babylon
7. Bruises
8. Kill the Power
9. World's on Fire
10. Trouble
(メタリカ、スリップノットのカバーちょこっと、マックルモア&ライアンルイスの曲もちょっと流してたと思う)
11. Pressure
12. Nobody
Encore:
13. We Live
14. Warning

最新アルバムの日本版ボーナストラックでSiMのMAH君が参加してる曲をやるかな?と思ったら、アンコラストのWarningでMAH君登場。
ヤバイぐらいの盛り上がりでライヴは終演をむかえた。
スーツ参戦の俺もいつの間にか前方真ん中の方のモッシュでもまれて汗だくやったわ。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

  1. 2014/04/28(月) 17:02:40|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊野大花火大会2013

8/17(土)熊野大花火大会に行ってきた。

俺は10数年ぶり2回目。嫁は初めて。
熊野の花火大会は毎年17日に決め打ちなので、お盆休み明けの平日とかの開催になる場合はちょっと会社休み辛かったりでチャンスが無かった。
今年は土曜日開催&天候ヨシと言うことでチャンス到来。
世の中みんな考えることは同じ。
開催前の情報でも相当の人出が予想されていたので早めの行動。
ワンコのお世話は母にお願いして帰宅が翌朝になるのも覚悟でのGO。
機動力のあるバイクで行こうかとも思ったが暑さに耐えるのが嫌なので、車検から戻りたての車で行った。

8時
自宅出発。
生駒~阪奈~R24~橿原BP~下市~R169~池原ダム~R309と順調に快適ドライヴ。
車内BGMはB’zベストXXV。1枚目で大合唱。2枚目知らん曲が多い。

11:30
奈良から130km地点熊野の5km手前でR42に入った瞬間渋滞スタート。
バイクが余裕ですり抜けしていくのを指を咥えて見送る。
B’zを聞いてでイライラ解消。ウルトラソウル。へいっ!

13時前
熊野会場前に到着。
嫁さんを先に降ろしてビニシーで場所取りのミッションへ派遣。

13時半
俺は特設駐車場へ移動。
花火会場からメッサ遠い!禿げるぐらい遠い!
ギリギリ入れた駐車場、俺のすぐ後ろで満車閉鎖。
セーフ。てかまだ13:30やで。
このあと来た人達は車どうすんねやろ・・・
無料シャトルバスで嫁さんの待つイオンへ。
携帯で「フードコートの席確保しといてよ!」なんて言ってたけど、田舎のイオンはジャスコの看板を上書きしただけで、そんなもんありゃしない。

14時
やっと嫁と合流。
店内はごった返す人人人。
店内トイレは大行列。
取りあえず昼兼晩ご飯のお弁当を買って、エスカレーター下で行き場の無いゾンビどもがワラワラ群れてるあたりで弁当かき込む。

15時
ビニールシート確認で浜辺へ。
下地は高温に熱された砂利。上からはさんさんと照り付ける太陽。
上から下から。ナニか?うち等ダッジオーブンの中の食材か?
死ぬわ、死ぬるわ。
で、近所のオークワ&TUTAYAでクーラー浴びてクールダウン。
20130817_164037.jpg
左が鬼ヶ城。クレーン付いたのが台船(左)。


17時
外の暑さが和らぎ海風が心地よく感じられるようになったので観覧場所へ移動。
地面の砂利はまだほんのり温かいが我慢できるレベル。
シートの上に横になって天然岩盤浴。
20130817_173725.jpg
右が台船(右)、手前はガス爆発寸前の屋台群。

19:10
花火開始

ここの花火を観たら当分よその花火観れへん。
大迫力、バリエーション豊か、進行&放送が面白い。エンターテイメントやわ。
観たこと無い花火がいっぱい。
一部分だけやけど、熊野大花火大会名物の三尺玉海上自爆の動画貼っておきます。
最初、画面中央で点滅しているのが花火師の乗った船。
そのすぐ右横で光っている点が海上に投げ入れられた花火の仕掛け。
船が急いで左方向に待避して行くのが分かると思います。
生の爆発音は腹の底に響く大音量です。
ではどうぞ。

他にも鬼ヶ城から斜めに打ち上げられるスターマインや、海上に二隻配置された台船からの打ち上げ、
それら三か所からの同時多発スターマインなど迫力満点。
メッセージ花火のコーナーではプロポーズのメッセージが読み上げられて打ち上げ!
銀婚式の妻への感謝メッセージの後の打ち上げなどなど微笑ましい演出で会場がどよめく。
youtubeで色々探してみて下さい。

21:15
終了
海沿いのR42は完全通行止めでホコ天に。
あの禿げるくらい遠い駐車場まで40分ゾンビがわらわら徒歩大移動。
途中トイレに20分並ぶ。ゾンビ立ち。

23時前
駐車場到着、出口大渋滞で全く動かない。
バッテリーへの負担が大きそうなので緩和するまでいったん車を離れる。
夜風が涼しい神社で1時間ほど時間つぶし。

24時
駐車場脱出成功。
R42は26時ごろまで渋滞との情報だったので、迂回ルートのR311~県道40~R169へ
迂回ルートは市道はクネクネやったけど渋滞もなく快適な夜のドライブ。
奈良市に入って睡魔に襲われるがMAN WITH A MISSIONの「FLY AGAIN」で腕を振って合唱して乗り切る。

4時
帰宅

総評
早く熊野市内入りしなければ大渋滞に巻き込まれ、駐車場確保も厳しくなる。昼前後がボーダーラインか?
今回の我々でもでもギリギリセーフやった。
しかし、早く到着しても夜まで時間をつぶす場所がない。
もう少し外気温が低ければ汗かきながらでも市内観光でもするけど、・・・ムリ!
市営体育館が解放されていたらしいけどインフォメーションが少なくて場所が分からん。
てかもっと沢山、避暑できる場所が必要やわ。
あと、トイレ。これは酷かった。
簡易トイレが全く足りていないのでどこも大行列。
もちろん紙も無くなり、流す水も無くなり、タンクはオーバーフロー
見る側も色々と工夫する必要があるわ。
今回我々はなんやかんやで上手に観れた方やと思う。

そんなネガティブな部分もあの花火の感動で帳消し。
また数年後か十数年後に土曜日開催&晴天のチャンスが巡ってきたら必ずリピートしたい。

テーマ:ブログ日記 - ジャンル:ブログ

  1. 2013/08/18(日) 14:26:11|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

読本:年間ランキング

読本

ノミネート(再は以前読んだことのあるもの)
・ゴールデンスランバー/伊坂幸太郎
・死神の精度/伊坂幸太郎
・ナニワモンスター/海堂尊
・下町ロケット/池井戸潤
・ばんば憑き/宮部みゆき
・スイス時計の謎/有栖川有栖
・陽気なギャングが地球を回す/伊坂幸太郎
・グラスホッパー/伊坂幸太郎
・オーデュボンの祈り/伊坂幸太郎
・県庁おもてなし課/有川浩
・舟を編む/三浦しをん
・三匹のオッサンふたたび/有川浩
・境遇/湊かなえ
・ジェノサイド/高野和明
・恋文の技術(再)/森見登美彦
・パーフェクトブルー/宮部みゆき
・心とろかすような/宮部みゆき
・夢見る黄金地球儀/海堂尊
・のぼうの城/和田竜
・のぼうの城(再)/和田竜


第四位:県庁おもてなし課/有川浩
高知県の観光推進課の話。いかにして田舎に人を呼ぶか。そこにまた恋の話が絡む。正直この作家さんの癖のある文章が苦手やねんけどやっぱりストーリーの組み立てとか進行が巧みで物語に没頭してしまう。高知に行きたくなった!

第三位:舟を編む/三浦しをん
便利屋、林業、文楽、辞書編集者、なにかの仕事をテーマに物語を作るのが上手な作家さんやと思う。そこに淡い恋の話や人間模様が絡む。この作家さんの影響で昨年は「文楽」が好きになって実際見に行ったりもした。今回は辞書の編集者。映画化が決定して来年公開予定なのでそちらも楽しみ。

第二位:のぼうの城/和田竜
成田家当主、氏長のいとこ成田長親(ながちか)の話。領民から「のぼう様」と呼ばれ「でく」をつけて呼ばれないだけマシ、でもとても慕われている長親。天下統一を目前とした豊臣秀吉の小田原城攻めの際に、石田三成の壮大な怒涛のごとき水攻めに、城方は長親を城代としてまさかの攻防を繰り広げる。まさかの展開で、かなわないはずの大軍勢に啖呵を切るところがスカッとする痛快時代ストーリー。映画版はほぼ原作のまんまに映像化されているけど原作ではさらに深く人々の心情が描かれていて面白かった。本⇒映画⇒本てな具合でどっぷりはまった。

第一位:下町ロケット/池井戸潤
ぶっちぎりの第一位!下町の工場の技術者が、一流企業を相手にロケット開発に食い込んでいく痛快ストーリー。スピーディーに浮き沈みが繰り返されるので読んでいても、歓喜に溢れたとおもったら、急降下で悔しい思いをする。で、スカッとしたらまたハラハラ。こんなに展開が速い物語は初めて。まだ書籍版しかないので文庫化が待ち遠しい。WOWOWでドラマ化されているけどまだ見てないのでそれも気になる。

読書ペースが遅いのであまり冊数は読めてないけどいい作品に出会えた一年やった。
伊坂幸太郎氏の作品が多いのは安定感のある面白さを求めて。ランクインしていないけどほぼハズレ無し。
東野圭吾を一冊も読んでいないのに今さら気づいた。
あとハードボイルド・SF・サバイバル・ミリタリー・パンデミック・ウィルス・超進化そんなすごいテーマやったジェノサイドも心に残る一冊やった。

テーマ:読んだ本。 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2012/12/29(土) 18:33:14|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマホ?タブ?ノートなんです

120808_095253.jpg

120808_095315.jpg

スマホよりちょっと大きくて、タブレットよりちょっと小さい。
Galaxy Noteを買った。

120809_153324.jpg

120809_153122.jpg

ほんでケースを着けた。
このケースがなかなかしっかりしていて、見た目は無骨やけどとてもプロテクション効果が高くて手にもしっくりくる。
画面側にも透明のスクリーンが付いてて液晶をおおうから液晶保護シートを貼る必要もない。
けど、既に貼ってしまっていたので今液晶は二重で保護されてる。それでもちゃんと入力に反応してくれる。

  1. 2012/08/09(木) 16:11:23|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

やきにく

Author:やきにく
1972年式 ♂
関西在住
衣:Rock系、ミリタリー系、ライダー系
食:焼肉!ハンバーガー、ハンバーグ
獣:Dog:Calpi
聴:HeavyRock、IndustrialMetal
観:Action,SF,Vampire,zombie
輪:TRIUMPH SPEED TRIPLE , YAMAHA TRICKER , AUDI A4avB8

いくつになったの ver2

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する