衣・食・獣・聴・観・輪

衣:FASHION  食:GOURMET  獣:DOG  聴:ROCK  観:MOVIE  輪:BIKE、CAR  

東大寺 万灯供養会

なら燈花会が終了した翌日の15日。
高円山の大文字の送り火と同時に行われる東大寺の例年の行事
万灯供養会に行ってきた。
ゴージャスな夕食の後の酔いをさますのに丁度よい心地よい風と気温やった。
終わり間際に参拝に行ったので人も少なくなってきており
落ち着いた厳かなムードの中で参拝できた。

数年前までの万灯供養会は本殿を無料開放していたので人出がえらいことになっていたけど
今は危険回避で通常の拝観料が要るようになってる。
7月中に東大寺のHPからご祈願の申し込みをしたら列にならばず正面から入れる参拝券を予め郵送で送ってくれます。
当日でも左手の通常入り口に並んで料金を払って入る事が出来ます。
DSC_0495.jpg

およそ2500基の灯籠が綺麗に並べられて灯が入り幻想的な雰囲気。
P8150200.jpg

大仏殿正面の観相窓というのが開いて、大仏っつぁんのお顔が灯火に浮かび上るのを参道から拝めます。
この窓が開くのは年に二回。元旦と8/15の万灯供養会の19~22時の間だけ。
P8150201.jpg

LEDでは無く、ロウソクの炎が揺らめくのは幻想的やね。
P8150203.jpg

大仏殿の中では大仏っつぁんだけでなくしばし立ち止まり、
天井を見上げて下さい。
柱の太さを見て下さい。
その圧倒的なスケールに酔いしれて下さい。
P8150214.jpg

そして坊主の読経に耳を傾けて下さい。
ここ↓は分かった人だけ笑ろて下さい。
P8150216.jpg

この果てしなく長い階段を昇るとあの世に・・・もとい、天井裏に行けるそうですよ。
残念ながら一般ピーポーは行けません。
天井裏では人目に触れずこっそりと極太の梁が鉄骨で補強されています。
補強前はあまりのデカさ重さ故、屋根が波打っていたそうです。
当時の写真をネットで探してみて下さい。グニョグニョの大仏殿。
P8150222.jpg

大仏殿は過去に2度建て替えられているのですが
右が今の模型。左はかつての大仏殿。
なんと今でもたいがいデカいのに昔は1.5倍もデカかったそうです。
昔の人の技術や知恵はすごかったんやね。
P8150226.jpg

大仏っつぁんの鼻の孔と同じサイズと言われている柱くぐり。
数年前にもエエ歳こいてくぐったが、最近の筋トレが功をなしているのか
今回チャレンジしたら途中で引っ掛かり抜き差しならなくなった。
ケツの穴の小さい俺は諦めようとしたところ
見ていた知りもしないご婦人が「いける、いける!」と尻を叩いてくれるもんだから強引に突っ込む。
しかしやはりつかえてしまい進退きわまる。Fァck You アss Hole!と心で悪態をついていると
その知りもしないご婦人が腕を引っ張って、しゅぽん♪と抜いてくれました(笑)
メタボ、マッチョはくぐってはダメ、ゼッタイ。
あ、再度確認ですが鼻の穴のサイズです。尻ではありません。
P8150230.jpg

この角度の大仏殿は肉眼で見るとコントラストが本当にCGのような美しさやった。
P8150244.jpg

池に映る逆さ御殿。
P8150248.jpg

夜の奈良はライトアップだけでなく
鹿が群れで爆走してたり、とても見応えがあります。
是非遊びに来て下さい。
  1. 2015/08/17(月) 11:51:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

除夜の鐘

年末年始にかけて、除夜の鐘を突かせてもらいに東大寺に行ってきた。
23時から整理券を配るとの事やったんで、少し早めの30分前に到着。
時すでに?
凄い行列ができてた。
PC310001.jpg
東大寺の釣鐘はジャンボ釣鐘で、8人で一突きする。
なので108つ突くには述べ800人ほどの一般人が参加できる。
しかしこの行列はすさまじい!ひとまず並んで「最後尾」のプラカードを持つ警備員さんに尋ねると、「例年このあたりがボーダーラインやね」とのこと。
突けるか突けないかの運試しもかねてその時を待つことに。
23時前方から順番に整列&券配りが始まり23:30ごろ我々の所にも無事整理券が配られた。
P1010004.jpg
0時ちょうどに一発目の鐘の音が響き渡る「ぶおぉぉぉーん!」
でっかい鐘だけに結構な重低音が腹に響く。
およそ30分ぐらいで我々に順番が回ってきた。
「79」番であることが受付で伝えられ、8名一組となって綱を握り「引いて!離して!!」の掛け声に合わせおもい切り引いて離すと坊さんが「強すぎ!鐘割れるで!」と少しブレーキを掛けられた状態で鐘にヒット!
「ぶぉぉぉぉーーーん!」
ぶじ79つめの鐘の音が東大寺に響き渡りました。

その後は例年元旦とお盆の2日だけ大仏っつぁんのお顔の前の扉が開かれるのでありがたくお顔を拝みに大仏殿へ。
P1010009.jpg
パカッ!!
P1010012.jpg
奈良に住んでて良かった。
大仏っつぁん!今年もよろしくお願いします。
P1010014.jpg

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2013/01/02(水) 17:17:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

薬師寺東塔保存修理見学会

抽選に応募していたのが当たったので、日曜日に薬師寺東塔保存修理見学会に行ってきた。
H21.7~H30.12まで行われる解体修理。費用約27億!やって。

姫路城みたい。
PB110016.jpg

現場入口、保安帽着用
PB110018.jpg

一番下の階で現場主任さんの説明
PB110021.jpg

こんなスロープを7階分(地上25m)まで登る。
PB110073.jpg

各階ごとに、修復作業が行われている。
PB110029.jpg

最上階
PB110036.jpg

瓦は全て剥がされたていた
PB110059.jpg

東塔の最上階から眺める西塔。このアングルで観れるのは今だけ。
PB110064.jpg

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/11/13(火) 23:11:24|
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

秘仏その2・秋篠寺

唐招提寺を後にし、お次は秋篠寺へ。
ここも今日は年に一日だけ開帳する秘仏が。
着いてビックリ。すさまじい行列。
普段はひっそり厳かな雰囲気の寺と思わしき境内が長蛇の列!

1時間弱ならんで、拝観料を払い門をくぐるとさらに行列は続く。
P6060041.jpg

それもそのはず。
秘仏である大元師明王はなかなか立派な仏像で、間近で観れるねんけどこれだけ並んでやっと見
れるので皆さん正面でじっくり拝んで行かれる。
一人づつ。
俺の前の婆ちゃんなんか念仏唱えてなかなか行き過ぎてくれへん。

まぁ、しかしさすが人気者。
一面六臂の憤怒相(顔は一個で腕6本、怒り顔)
その6本の手には武器が握られ、怒りで髪の毛は逆立ち、怒髪天を貫く様。
ムキムキの身体に何匹ものスネークまで巻き付け、これはもうホラーメタルか、X-MENかスポーンのキャラですな。
akisino.jpg
ネットより拝借

期待していなかった本堂に入るとこちらにも立派な仏像がオールスターキャストで並んでる。
なかでも十二神将は、室生寺のそれとよく似たとても動きのあるポーズと様々な表情に彫られた12体セット。
その十二人がフロントマンの薬師如来とその脇侍のギター月光・ベース日光を挟んで、左右コーラス6:6(前列2人・中段2人・高段2人といった配置。

秘仏公開日ながら追加料金なしのワンコイン明瞭会計。
そのうち静かな平常営業日にリピートしたい。
そやけど、秋篠寺は商売下手。あんないい仏たくさん持ってるのにブロマイドは白黒やし全部載ってないし、カラーのんは風景だけやし。

帰りに西大寺で母とランチして別れた後、ちょっくらとあるイベント会場の前を通ってみた。
西大寺で約二か月にわたり開催されている、奈良出身ジャニーズの彼のコンサート会場。
P6060047.jpg
↑この位置にバイク停めた瞬間に警備員が近寄ってきて、移動を促された。
俺が停めたのが近鉄の敷地前だったらしい。
そこを移動さえすれば別に写真撮影はおとがめなし。
チケットソールドアウトやって。
つよぽんは上々やね。
P6060049.jpg

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/06/06(水) 16:26:33|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

秘仏その1・唐招提寺

今日は鑑真和上の命日ということで、唐招提寺で年に3日間(6/5.6.7)だけ公開される秘仏・鑑真和上像を見仏してきた。

開門30分前に到着したら既に行列。
8:30、五百円払って入る。



鑑真和上像の納まる御影堂は何故か9:00にならないと入れんので、ここでまた並び入るのにさらに五百円払う。
鑑真和上像は言ってしまえばお地蔵さんと一緒で坊さんのリアル彫刻なので、俺の見仏基準ではあまりそそるものが無かった。
まぁ、期間限定イチゴスイーツみたいなもんか?

御影堂とは別に、たくさんの朽ちた仏像が見られる新宝蔵でさらに百円。
ここの仏像は首が無かったり後頭部が空洞だったり、焼け焦げたような仏像だったり、なかなかグロテスクでちょっとおどろおどろしい感じ。一緒に行った母の「ミイラみたいやな」と言う表現が的を得てる。

我々は利用しなかったが、境内を写真付きで解説してくれるタブレット端末のレンタルとかもあってかなりの商売上手。
鑑真さんはボロ儲けで上々ですな。

P6060015.jpg

国宝の金堂で千手観音を見仏。
ここの千手はホンマに千本の手がくっついてる。見応えあり!
P6060005.jpg

ほんでこの金堂のある場所に隠しアイテムが。
隅鬼って言うそうです。
隅にいます。
行く機会があれば探してみてください。
P6060024.jpg

ヒント
P6060025.jpg

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2012/06/06(水) 15:56:09|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2
次のページ

プロフィール

やきにく

Author:やきにく
1972年式 ♂
関西在住
衣:Rock系、ミリタリー系、ライダー系
食:焼肉!ハンバーガー、ハンバーグ
獣:Dog:Calpi
聴:HeavyRock、IndustrialMetal
観:Action,SF,Vampire,zombie
輪:TRIUMPH SPEED TRIPLE , YAMAHA TRICKER , AUDI A4avB8

いくつになったの ver2

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する