衣・食・獣・聴・観・輪

衣:FASHION  食:GOURMET  獣:DOG  聴:ROCK  観:MOVIE  輪:BIKE、CAR  

東大寺 万灯供養会

なら燈花会が終了した翌日の15日。
高円山の大文字の送り火と同時に行われる東大寺の例年の行事
万灯供養会に行ってきた。
ゴージャスな夕食の後の酔いをさますのに丁度よい心地よい風と気温やった。
終わり間際に参拝に行ったので人も少なくなってきており
落ち着いた厳かなムードの中で参拝できた。

数年前までの万灯供養会は本殿を無料開放していたので人出がえらいことになっていたけど
今は危険回避で通常の拝観料が要るようになってる。
7月中に東大寺のHPからご祈願の申し込みをしたら列にならばず正面から入れる参拝券を予め郵送で送ってくれます。
当日でも左手の通常入り口に並んで料金を払って入る事が出来ます。
DSC_0495.jpg

およそ2500基の灯籠が綺麗に並べられて灯が入り幻想的な雰囲気。
P8150200.jpg

大仏殿正面の観相窓というのが開いて、大仏っつぁんのお顔が灯火に浮かび上るのを参道から拝めます。
この窓が開くのは年に二回。元旦と8/15の万灯供養会の19~22時の間だけ。
P8150201.jpg

LEDでは無く、ロウソクの炎が揺らめくのは幻想的やね。
P8150203.jpg

大仏殿の中では大仏っつぁんだけでなくしばし立ち止まり、
天井を見上げて下さい。
柱の太さを見て下さい。
その圧倒的なスケールに酔いしれて下さい。
P8150214.jpg

そして坊主の読経に耳を傾けて下さい。
ここ↓は分かった人だけ笑ろて下さい。
P8150216.jpg

この果てしなく長い階段を昇るとあの世に・・・もとい、天井裏に行けるそうですよ。
残念ながら一般ピーポーは行けません。
天井裏では人目に触れずこっそりと極太の梁が鉄骨で補強されています。
補強前はあまりのデカさ重さ故、屋根が波打っていたそうです。
当時の写真をネットで探してみて下さい。グニョグニョの大仏殿。
P8150222.jpg

大仏殿は過去に2度建て替えられているのですが
右が今の模型。左はかつての大仏殿。
なんと今でもたいがいデカいのに昔は1.5倍もデカかったそうです。
昔の人の技術や知恵はすごかったんやね。
P8150226.jpg

大仏っつぁんの鼻の孔と同じサイズと言われている柱くぐり。
数年前にもエエ歳こいてくぐったが、最近の筋トレが功をなしているのか
今回チャレンジしたら途中で引っ掛かり抜き差しならなくなった。
ケツの穴の小さい俺は諦めようとしたところ
見ていた知りもしないご婦人が「いける、いける!」と尻を叩いてくれるもんだから強引に突っ込む。
しかしやはりつかえてしまい進退きわまる。Fァck You アss Hole!と心で悪態をついていると
その知りもしないご婦人が腕を引っ張って、しゅぽん♪と抜いてくれました(笑)
メタボ、マッチョはくぐってはダメ、ゼッタイ。
あ、再度確認ですが鼻の穴のサイズです。尻ではありません。
P8150230.jpg

この角度の大仏殿は肉眼で見るとコントラストが本当にCGのような美しさやった。
P8150244.jpg

池に映る逆さ御殿。
P8150248.jpg

夜の奈良はライトアップだけでなく
鹿が群れで爆走してたり、とても見応えがあります。
是非遊びに来て下さい。
  1. 2015/08/17(月) 11:51:01|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<08/17のツイートまとめ | ホーム | リストランテ イ・ルンガでディナー>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://komuch.blog43.fc2.com/tb.php/3131-c188cc5d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

やきにく

Author:やきにく
1972年式 ♂
関西在住
衣:Rock系、ミリタリー系、ライダー系
食:焼肉!ハンバーガー、ハンバーグ
獣:Dog:Calpi
聴:HeavyRock、IndustrialMetal
観:Action,SF,Vampire,zombie
輪:TRIUMPH SPEED TRIPLE , YAMAHA TRICKER , AUDI A4avB8

いくつになったの ver2

最近の記事

最近のコメント

月別アーカイブ

カテゴリー

最近のトラックバック

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する